【詳細なび】プロバイオティクスの菌種

プロバイオティクス・乳酸菌はあくまでも善玉菌の総称です。
実際にはいくつもの種類があり、それぞれに特徴が異なります。

そこで、このページでは乳酸菌を種類ごとに解説してみました。

ただし、乳酸菌の種類は細かく分けていくと200種類以上にのぼります。
その全てを説明することは難しいので、代表的なものを抜粋して説明していきます。

フェカリス菌

もっとも代表的な乳酸菌の一種です。
正式には、エンテロコッカス属フェカリス菌という名前です。

ヒト由来(もともと人間の腸内に存在する)の乳酸菌である為、体に優しく働きかけてくれるのが特徴です。

腸内環境を整えることによって、免疫力を高める働きが期待されています。
花粉症やアレルギーの対策にパワーを発揮してくれる菌種です。

また、乳酸菌は一般的に細長い桿菌の形状をとることが多いのですが、エンテロコッカスフェカリス菌は球形の形状をとっています。

そのサイズはおよそ500ナノメートルほど。
通常の5分の1程度の大きさしかありません。

その為、フェカリス菌を配合しているサプリメント(久光製薬EC-12など)は、含有量をしっかりと確保できているのがポイント。

EC-12であれば、一日あたりの摂取目安量に約1兆個のフェカリス菌を配合することができています。

クレモリス菌FC株

クレモリス菌FC株は、フジッコの善玉菌のチカラに配合されている菌種です。
カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌の一種で、非常に強い粘りを持っているのが特徴。

この粘りは、他の乳酸菌にはない独特の性質です。
その力強さによって生きたまま大腸に届くのがポイント!

腸内環境をしっかりとケアしてくれる乳酸菌です。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、人間が生まれつき腸内に持っている乳酸菌。
健康バランスを保つ為に欠かせない菌種として知られています。

優れた整腸作用を持ち、腸内環境をしっかりと整えてくれるのが特徴。

ただし、酸や熱に弱いというウィークポイントがあるので、そのまま摂るだけでは、腸まで生きたまま届くことはありません。
その為、しっかりと加工が施されている製品を選びたいところ。

例えば、乳酸菌革命であれば、胃酸や胆汁から乳酸菌を守る耐酸性カプセルを採用しています。
これによって、乳酸菌をしっかりと腸にまで届けることが可能になっています。

ラブレ菌

ラブレ菌は、京都のすぐき漬けから発見された植物性の乳酸菌です。
(正式名称は...ラクトバチルス属コアギュランス菌

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて生命力が強いのが特徴ですが、ラブレ菌はその中でも特に強い乳酸菌として評価されています。
生きたまましっかりと腸に届き、腸内環境を整えてくれるのがメリット。

アレルギーのケアや便通の改善など、様々な目的にパワーを発揮してくれます。

この乳酸菌を含有しているサプリメントとしては、乳酸菌革命などが挙げられます。

ガセリ菌

ガセリ菌は、酸素の有無に関わらず腸内に長くとどまるのが特徴。
その性質によって優れた整腸作用を期待することができるほか、コレステロールの低下作用も実感することができます。

また、日本人由来の乳酸菌であるというのもポイント。
その為、日本人との相性は抜群!

この菌種を配合している製品としては、乳酸菌革命が代表例として挙げられます。

RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る