善玉菌

ヨーグルトに含まれる菌の種類

牛乳を発酵させた発酵食品のヨーグルトは乳酸菌が多く含まれているといったことから、朝食に食べたりさまざまなデザートなどで食べる方も多いと思います。
飲むヨーグルトとして好んで飲む方も多いのではないでしょうか。

ヨーグルトは、牛乳を温めたものに乳酸菌を混ぜ、発酵させたものです。
以前は乳酸菌というとビフィズス菌が入っていると思われていましたが、ビフィズス菌以外にも多くの細菌が含まれています。
数年前、テレビなどで紹介されたことによって、一時期店頭から商品がなくなってしまうほど、一般的にも良くその名前を知られるようになったのが、LG-21です。
LG-21は乳酸菌の一種ですが、酸に強く、胃の粘膜にくっつき、胃潰瘍などを抑える効果があります。
ある程度の年齢以上になると、ほとんどの人が感染しているという、胃炎などのもととなるピロリ菌を減少させる効果があり、乳酸菌はヨーグルトとして摂取するのがもっとも効果が高いと言われています。
また、ガゼリ菌も良く耳にすることが増えた細菌です。
その中でも、ガセリ菌SP株は、摂取をして、生きたまま小腸に到達し、長く腸にとどまります。
他の乳酸菌は、小腸では1、2日ほどしかとどまれないとされていますが、ガゼリ菌SP株は、3ヶ月ほどとどまっていたという研究結果があります。
腸の中に長くとどまることで、腸内における細菌のはたらき、腸内フローラを活発にさせることができます。
また、食中毒の原因ともなる黄色ブドウ球菌を減らす役割もあり、内臓脂肪がたまることを減らす役割があります。

さらに、LS1菌という乳酸菌の一種では、口臭を改善したり歯周病を防ぐ役割もあります。
また、歯周病のもととなる細菌を減少させる効果があります。
自分に合った乳酸菌の中でも、それぞれのはたらきが違うことを理解して、摂取するようにしましょう。
ただ体に良いから摂るのではなく、きちんと自分にあったものを選んで乳酸菌で最適な腸内環境を作りましょう。