善玉菌

複数の種類の乳酸菌をとったら喧嘩するのか?

善玉菌、悪玉菌という言葉は、テレビや雑誌などで一度ならずとも耳にしたことがあると思います。
腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という細菌がすみついていて、人間と共生しています。
腸の中の善玉菌が少なくなると、悪玉菌である有害菌の働きが活発になり、身体にとって悪い影響が起こってしまい、
善玉菌が多いと身体にとって良い細菌のはたらきが活発になるので、身体にとって良いはたらきをします。

善玉菌の中でも、もっとも知られている細菌は乳酸菌です。
発酵食品や、乳製品などに多く含まれていて、腸内のバランスを取る役割があります。
1つの種類だけではなく、さらに400種類の菌種に分かれていて、その菌種も、さらに細かく株という分け方をすることができます。
身体に良いとして知られるようになった乳酸菌は、食べ物に含まれている他にも、乳酸菌飲料や、乳酸菌サプリメントなど、いろいろな摂取方法があります。
飲料などは、パッケージに乳酸菌の種類が書かれています。ヨーグルトなど商品名が乳酸菌の種類だったりするので、自分に合った乳酸菌を見つけやすくなっています。
食べ物によっては、食べ合わせなどがあるのと同じように、複数の種類を一度に摂った場合、身体に良くないかも、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

乳酸菌の場合は、たくさん種類を摂っても、身体に問題ないことが分かっています。
また、複数の種類の乳酸菌を摂った方が善玉菌が増えるとされていますので、むしろ、複数の乳酸菌を摂取することが推奨されています。
乳酸菌は、腸内に長くとどまることができず、ある程度の日数が経過すると、対外へ排出されてしまいます。
そのため、身体に良いという理由で、一度に大量に摂取するのではなく、毎日継続して多く含まれている食べ物などを摂取するように心がけることがとても重要です。
体に良い物でも摂りすぎると逆効果なので、バランス良く摂取していくことが大切です。