善玉菌

乳酸菌を増殖させる方法

腸内には多くの細菌が生息しており、身体にとっていろいろな効果をもたらします。
細菌の種類は、500種類から1000種類ほど存在している、と言われています。
すべての細菌の数は、最新の調査で100兆個もの膨大な数が存在していることが分かってきました。

腸内細菌には大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と3つの種類に分けることができます。
善玉菌は、身体にとって有益なはたらきをする細菌のことで、善玉菌の代表とも言えるものが、乳酸菌です。
乳酸菌は、糖と化合して、乳酸を作りだすはたらきがあります。
逆に、身体にとって有害となるはたらきがあるのが、悪玉菌。そして、どちらでもない日和見菌があります。
腸内細菌の種類の数は決まっていて、善玉菌が増えると、悪玉菌が減ってしまいます。
さらに、悪玉菌が増えると、日和見菌も悪玉菌と同じく、身体に良くないはたらきをするのです。

乳酸菌は酸に弱いとされていて、身体のなかで最も強い酸があるのは、胃ですが、たくさん摂っても胃のあたりで菌の活動が止まってしまうこともあります。
そのため、酸につよい、乳酸菌飲料や、乳酸菌が含まれている食物などを摂るようにしましょう。
乳酸菌シロタ株などは、酸に強く生きたまま腸まで届くとされています。
乳酸菌の種類などは、飲料のパッケージを良く見ると細かく書かれています。
ただ、生きたまま腸に届かなかったとしても、他の善玉菌にとって栄養となって、善玉菌を増やすことにつながりますので、必ずしも乳酸菌が生きたまま腸に届くことをうたっているから良い、というわけではありません。
また、食物繊維やごはんなどと一緒に乳酸菌を摂取すると、善玉菌が増えることにつながるとされています。
発酵食品などは、ごはんのおかずに多く含まれていますので、一緒に摂取しやすいです。
逆に、空腹の時などは、胃に酸が強く分泌されていますので、乳酸菌を摂取することは控えましょう。
また、ひとつの食品や乳酸菌サプリメントだけではなく、複数の乳酸菌を摂取するようにこころがけることも、善玉菌が増えることにつながります。