善玉菌

善玉菌の種類を知ろう

私たち人間の身体にとって、とても大きな割合を占めており、大切な役割を担っているのは腸です。
腸内細菌の数はなんと、100兆個とも言われています。
重さにすると1キログラムから1.5キログラムほどになる計算です。
細菌の種類は、500種類から1000種類に分けられると言われています。
それぞれの腸内細菌は私たちの健康を維持し、病気などを守る仕組みと大きく関わってきています。

腸内にすんでいる500種類から1000種類の細菌は、その働きから善玉菌・悪玉菌という名前で呼び分けられています。
善玉菌は身体にとって良い働きをすることから、有用菌とも言われています。
善玉菌の代表的な種類がビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌です。
それぞれの菌は、さらに細かい菌種に分かれます。たとえば、ビフィズス菌には約280種類の菌種があります。
乳酸菌といえばビフィズス菌ですが、こんなにも細かく分類されていたのです。
そして身体にとって良くない働きをする細菌は悪玉菌、もしくは有害菌と言われています。
大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などが代表的です。
老廃物であることから、腐敗菌と呼ばれることもあります。悪玉菌は炎症を起こしたり、一部は食中毒の原因ともなり、身体に害を及ぼしてしまいます。
そして、腸内には善玉菌、悪玉菌の他にも、日和見菌と呼ばれている、どちらでもない立場の細菌もいるのです。

腸内の細菌の種類の数は決まっているため、腸の中では善玉菌が増えると悪玉菌が減り、悪玉菌が増えると善玉菌が減ってしまい、いわば常に勢力争いをしているような状態です。
日和見菌は悪玉菌が多い状態ですと、身体にとって良くない働きをすることがあります。
乳酸菌は腸内のバランスを取るという効果があり腸の健康状態維持には欠かせないものとなっています。
加齢とともに、乳酸菌の数は減っていきますので、乳酸菌が多く含まれているヨーグルトなどの発酵食品は、できるだけ毎日摂るようにしましょう。