植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

・乳酸菌とは?
そもそも乳酸菌とはどのようなものかをご存知でしょうか?乳糖やブドウ糖やオリゴ糖などの糖分を利用して50%以上の乳酸を作り出す細菌の総称を乳酸菌といいます。
乳酸菌の細胞形態は桿菌又は球菌です。
乳酸菌自体運動性はありません。

その乳酸菌の中には、育った環境が違うために腸内での働きが異なる動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。
それぞれの乳酸菌についてまとめてみました。

・動物性乳酸菌とは
動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトなどの動物由来の乳の中に生息している乳酸菌です。
主に牛などの動物の乳に含まれている乳糖を食べて乳酸を作ります。

動物性乳酸菌の特徴は単独で行動する乳酸菌です。
そのため他の細菌と共存することができません。
動物の乳の中という栄養価の高い場所に生息しているため、栄養の乏しい環境(過酷な環境)では生きることができません。
そのため、胃酸や胆汁などに弱く、生きて腸まで届く事ができません。

しかし、動物性乳酸菌は腸内で死菌となり善玉菌のエサとなって活躍し、腸内を刺激して免疫力を高めたり、便秘改善効果や免疫力機能を高める効果があります。

・植物性乳酸菌とは
植物性乳酸菌は野菜や穀物などの中に生息し、植物質(植物を構成する物質)を発酵させる乳酸菌です。
ブドウ糖やショ糖などを食べて乳酸を作ります。

植物性乳酸菌の特徴は他の細菌とも共存する力があり、塩分や糖分など過酷な環境の中でも生き抜く力が強い事です。
ですから、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌と違い、胃酸や胆汁に強く、生きて腸まで届く事ができる乳酸菌です。

生きて腸まで届く事で、長時間腸内に生きている事ができるため、腸内環境を良くし、便秘改善や免疫力の強化に高い効果が得られる乳酸菌です。

動物性乳酸菌を多く含む食品

動物性乳酸菌が多く含まれる食品はヨーグルトやチーズ、発酵バターなどがあります。
チーズの中でもナチュラルチーズには生きた乳酸菌が含まれています。

植物性乳酸菌を多く含む食品

植物性乳酸菌が多く含まれる食品は納豆や、キムチ、漬け物、味噌や醤油などの発酵食品です。

まとめ:乳酸菌が多く含まれる発酵食品を取り入れよう!

いかがでしたか?乳酸菌はヨーグルトだけでなく、漬け物や調味料に至るまで様々な発酵食品に含まれています。
今では乳酸菌は、おやつやチョコレートにまで含まれ、手軽に美味しく乳酸菌を摂取する事ができます。
便秘や肌荒れなどでお悩みの方は、乳酸菌を含む食事を意識して摂るようにしてみませんか?
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る