乳酸菌をたくさん摂るならキムチ

キムチに含まれる植物性乳酸菌とは?

乳酸菌を摂取するのにキムチが良い理由とは、実はキムチには植物性乳酸菌が沢山含まれているからです。
キムチに含まれている植物性乳酸菌の1番の特徴は、なんといっても生きたまま腸までたどり着く事ができる強い乳酸菌です。
通常、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、牛の乳から摂れる動物性乳酸菌が多く、動物性乳酸菌は胃酸や胆汁に弱く、腸にたどり着くまでに死んでしまいます。
もちろん、死んだ乳酸菌でも死菌という形で善玉菌のエサとなって活躍してくれますが、やはり生きて腸まで届く方が効果が高いといえます。
キムチに含まれる植物性乳酸菌は生きて腸まで届く事ができる強い乳酸菌なのです。

キムチに含まれる植物性乳酸菌の正体とは!?

キムチに含まれる植物性乳酸菌とはどのような乳酸菌なのでしょうか?キムチにはP.ペントサセウスという植物性乳酸菌が多く含まれています。
このP.ペントサセウスの特徴は塩分や酸に強く、加工しやすく、生きて腸まで届く事ができる事です。
植物性乳酸菌は生きて腸まで届くので、便秘改善効果だけでなく、免疫力の向上や、美肌効果があり、肌の状態が良くなる効果もあります。

キムチの乳酸菌が優秀な理由とは?

キムチに含まれている乳酸菌の数は他の乳酸菌食品に比べても群を抜いています。
例えていいますと、たくあんなどの漬け物が20万個に対し、キムチは1g当たり8億個です。
なぜこのような差が生まれるのでしょう。
実はそれはキムチを作る行程にあります。
日本食でよく食べられる漬け物にも植物性乳酸菌は沢山含まれます。
ですが、漬け物は塩分が多く、塩分の多い環境では乳酸菌の増殖が抑えられてしまいます。
一方キムチはどうでしょうか?キムチには唐辛子が使われており、唐辛子を使う事で塩分を抑えることができます。
そのため、塩分が控えめなキムチの方が乳酸菌が多く含まれるのです。

まとめ:乳酸菌を摂るならキムチを積極的に食べよう!

いかがでしたか?乳酸菌といえばヨーグルトのイメージが強いですが、ヨーグルトよりもキムチを摂る方が生きたまま腸まで届くのでおすすめです。
キムチだけだとなかなか食べづらいと感じる方は、他の料理と混ぜで色んな形でキムチを食生活に摂り入れてみてください。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る