乳酸菌が腸で活躍しやすい食べ方は

乳酸菌を効果的に食べるタイミングはいつがいい?

乳酸菌を食べるタイミングとして、いつが一番良いタイミングなのでしょうか?
実は乳酸菌を摂取するのに良いタイミングは食前より、食中食後に摂る方が効果があがります。
それはなぜでしょう?
実はそこには胃酸が関係しているからなのです。
乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌は胃酸や胆汁に弱いという特徴があります。
口から摂取しても、胃酸や胆汁で殆どの乳酸菌は死滅してしまいます。
ですから胃酸が薄まる食中や食後に乳酸菌を摂取する方が、乳酸菌のダメージが少なくすむのです。
胃酸とはとても強力な酸で、この酸が食物の消化や細菌などの殺菌を行ってくれます。
胃酸は空腹時が一番濃い状態となっており、乳酸菌も細菌の一種ですから、他の細菌と同じように胃酸によって死滅させられてしまうわけなのです。
死滅してしまった乳酸菌も効果がないわけではなく、死菌という形で善玉菌のエサとなって活躍してくれます。
ですが、やはり生きて腸まで届く方が効果があがるといえます。

乳酸菌は食物繊維と一緒に摂取すると効果があがる!

乳酸菌が食中、食後に摂取する事が良い理由に胃酸が薄まっている状態の他に、食物繊維と一緒に乳酸菌を摂取すると良い効果があります。
食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌のエサになり、腸内で善玉菌が増えるのをサポートする役割があります。
食事などで食物繊維を摂る中で、乳酸菌も一緒に摂る事で、乳酸菌の効果が高まるのです。

乳酸菌が腸内で活躍させるには温度も重要!?

乳酸菌は胃酸や胆汁に弱く、食中食後に摂取する事が望ましいのですがもう1点、乳酸菌は熱に弱いという特徴があります。
そのため熱を加え過ぎてしまうと乳酸菌が全滅してしまう事があります。
乳酸菌が活躍しやすい温度は36度~37度前後ですので、乳酸菌を摂取する時はなるべく熱を加えずに食べる事も重要になります。

まとめ:乳酸菌の特徴を知り、うまく摂取してみよう!

いかがでしたか?乳酸菌は健康維持に欠かせない菌ですが乳酸菌の特徴を知らずに摂取していると、せっかく摂っても腸内で活かされなければ意味がありません。
乳酸菌を毎日摂取しているのになかなか便秘が改善されないなどのお悩みがある方は一度乳酸菌の摂取の方法を変えてみませんか?
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る