乳酸菌の美容効果

乳酸菌が美容効果に良いメカニズムとは?

乳酸菌が美容効果に良いとされる理由に、腸との関係が大きくあります。
乳酸菌は善玉菌の一種であり、腸内環境を整える上でとても重要です。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在します。
日和見菌は有利な方の味方に着く菌なので善玉菌が悪玉菌よりも優勢でないといけません。
理想的な割合は善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7の割合が理想的な割合です。
乳酸菌は善玉菌の1種ですから、乳酸菌を積極的に摂ると腸内環境が良くなり、内側からキレイになる事で美容効果に良いのです。

便秘解消が美肌効果につながる

ではなぜ便秘解消が美肌効果につながるのでしょうか?
乳酸菌を積極的に摂取すると、善玉菌が増え腸内環境が良くなると、腸の運動が活発になり、溜まった便が排出されやすくなります。
溜まった便が排出される事で腸内環境がきれいな状態になり、又溜まった便を排出する事で、肌荒れの原因になもる有害物質も排出され、美容効果に繋がるのです。

つまり、便秘を解消する事が一番の美容効果になるのです。

乳酸菌と一緒に摂ると美容効果がある2つの栄養素とは?

ではここで乳酸菌と一緒に摂取すると美容効果がアップする栄養素を2つご紹介します。

・オリゴ糖
オリゴ糖とはブドウ糖などの単糖類が結びついてできた糖の意味です。
オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、乳酸菌と同時に摂取する事で便通の促進に効果をもたらしてくれます。
オリゴ糖はタマネギやバナナなどにも多く含まれていますので、朝食などヨーグルトを食べる際にバナナと一緒に食べると効果があがります。

・食物繊維
食物繊維の効果に善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があります。
まず食物繊維には2種類あり「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。
水溶性食物繊維は水に溶け、不溶性食物繊維は水に溶けません。
それぞれ特色があり、水溶性食物繊維は水に溶けると粘度を増し、腸内の善玉菌を増やす効果があります。
不溶性食物繊維は水分を吸収して数倍に膨らみ、腸の蠕動を活発にしてくれる効果があります。

どちらの食物繊維も便秘解消に効果があります。

まとめ:乳酸菌を意識して摂取し体の中からきれいになろう!

いかがでしたか?美容は内側からキレイにする事でより効果が発揮されます。
特に大腸をキレイにする事で様々な美容効果が期待できるので、やはり内側から体内をキレイにするには乳酸菌の摂取が大切といえます。
美容効果を意識したい方はまず、食生活を意識し、乳酸菌を積極的に摂取する事から始めてみませんか?
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る