生きている乳酸菌と死菌

生菌と死菌との違いとは?

乳酸菌は口から摂取すると2つの働きに別れます。
1つ目は生菌として。
2つ目は胃酸や胆汁などで死んでしまう死菌としてです。
生菌とは生きて腸まで届く菌の事で、死菌は死んでしまった乳酸菌の事をいいます。

生菌と死菌のそれぞれの働きとは?

では生菌と死菌のそれぞれの働きをまとめてみました。

・生菌の働き
生菌は腸内まで届き、体外へ排出されるまで悪玉菌が生息しにくい酸性の環境を作ってくれます。
生菌は悪玉菌を減らす事で腸内細菌のバランスを正常に保つ効果があります。
そして善玉菌の手助けをし、善玉菌と共に酸を作り出す事で腸内を刺激し、腸の蠕動運動を促進する事で便秘の改善に効果をもたらします。

・死菌の働き
死菌は善玉菌のエサとなって増殖します。
分かりやすくいうと、食物繊維と同じ働きをしてくれるのです。
そして生菌によって活性化された善玉菌が退治した悪玉菌を吸着して、体外に排出してくれる効果もあるのです。
死菌は糖・タンパク質・細胞質・核酸などで構成されており、その事を菌体成分といいますが、この菌体成分が分解されると腸壁が刺激され、免疫物質が分泌します。
その結果免疫力が強化されるのでアレルギーなどの予防に役立ちます。

生菌も死菌もそれぞれ腸内にとって有益な働きがあり、健康維持に役立ってくれるのです。

まとめ:生菌や死菌に関わらず、毎日の生活には乳酸菌を!

いかがでしたか?死菌だから効果がないと思いがちですが、死菌でも免疫力をあげるなどの効果があります。
生菌、死菌にこだわらずとも、乳酸菌は腸内の健康に役立つ菌ですから是非毎日の食生活に乳酸菌を摂取する生活を続けてみてくださいね。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る