乳酸菌で毎日快適なお通じ

便秘になるメカニズムとは?

乳酸菌が便秘に良い理由として、乳酸菌が善玉菌の一種だからです。
腸内環境が良いバランスを保つためには善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7のバランスが良く、悪玉菌が多くなると腸内がアルカリ性になってしまい、腐敗物が溜まりやすい環境になってしまいます。
その結果、腸内環境の悪化に伴い便秘になりやすくなってしまうのです。

便秘には植物性乳酸菌の摂取が大切!

便秘にならないようにするには、善玉菌を増やす事が大切でそのために乳酸菌が必要になってきます。
しかし、牛の乳などからできた動物性乳酸菌は胃酸や胆汁に弱い特徴があり、口から摂取しても腸内に届くまでに死んでしまいます。
一方、野菜などからできる植物性乳酸菌は、胃酸や胆汁に強く過酷な環境でも生きて腸まで届く事ができ、長く腸内に留まる事ができます。
ですから、便秘にお悩みの方は植物性乳酸菌の摂取をする事が大切なのです。

便秘に効果的な3つの植物性乳酸菌

便秘には植物性乳酸菌の摂取が良い事が分かりました。

では便秘に効果のある3つの植物性乳酸菌をご紹介します。

1.ラクトバチルス・プランタム
2.プラズマ乳酸菌
3.ラブレ菌

1.ラクトバチルス・プランタム
この乳酸菌はヨーグルトメーカーの日本ルナ社が保有する植物性乳酸菌で、ドイツの伝統料理ザワークラウトから発見されました。
特徴としては生きて腸まで届き、腸内に長く滞在する事で、善玉菌の増殖を高め、腸内環境を改善する効果があります。

2.プラズマ乳酸菌
この植物性乳酸菌の正式名はラクトコッカス属ラクティス菌JCM805株といい、免疫力向上に最も効果を発揮します。
それだけでなく、この乳酸菌も生きて腸まで届く事ができ、腸内で善玉菌を増やすので便秘改善にも効果があるのです。

3.ラブレ菌
これらの植物性乳酸菌は生きて腸まで届く事ができるため、便秘改善だけでなく、美肌や免疫力向上にも効果があります。

まとめ
いかがでしたか?便秘を改善するには腸内環境を良くする事がとても重要になります。
そして乳酸菌の中でも、動物性乳酸菌より生きて腸まで届く事ができる植物性乳酸菌を摂取する方がより善玉菌を増やしてくれ、腸内環境を良くしてくれます。
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る