熱や酸に耐性のある乳酸菌にはどんなメリットがある?

環境の変化に耐える乳酸菌とは?

一般的にヨーグルトやチーズから摂取する乳酸菌は動物性乳酸菌トよばれる物が多く、牛の乳などを栄養源としています。
ところが、動物性乳酸菌は胃酸や胆汁などに弱く、その上熱にも弱いため、腸に届くまでにほとんどが死んでしまいます。
一方、胃酸や胆汁に強く、熱など過酷な環境の中でも腸まで生きて届き、腸内環境を良くしてくれる乳酸菌があります。
その乳酸菌の事を植物性乳酸菌といいます。
植物性乳酸菌は生きて腸まで届く事で、腸内の中で善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれ、悪玉菌を減らし、腸内環境を良くしてくれる乳酸菌です。

植物性乳酸菌を摂取する3つのメリットとは?

では腸内に生きたまま届く事ができる植物性乳酸菌の3つのメリットについてまとめてみました。

1.便秘改善
2.免疫力の向上
3.善玉菌の活性化

1.便秘改善
植物性乳酸菌は乳酸菌を摂取する際、食物繊維も同時に摂取する事ができるため、腸内環境が良くなり便秘改善に効果があります。

2.免疫力の向上
大塚製薬株式会社の研究で、植物性乳酸菌のlgAの生産量が動物性乳酸菌に比べても大幅に多いという研究結果がでています。
lgAとは免疫グロブリンのことをいい、血液中の組織に含まれ、外部からのウイルスや細菌が体内に入った際、抗体として働くたんぱく質の1つです。

この結果から見て植物性乳酸菌は、免疫力を上げる効果があります。

3.善玉菌の活性化
乳酸菌が生きて腸まで届く事で、腸内に住む善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれる効果があります。
ビフィズス菌が増えると、善玉菌が優勢になり、悪玉菌が減るため腸内環境が良くなるのです。

植物乳酸菌にはこれら3つのメリットがあり、他にもアレルギーの抑制やストレスにも効果があります。

植物性乳酸菌の種類について

植物性乳酸菌の種類は沢山ありますが、その中で代表的な植物性乳酸菌をご紹介します。

・ラクトバチルス・プレビス
漬け物やキムチなど発酵食品に含まれる植物性乳酸菌です。
香り付けに使われる事が多いです。

・テトラジェノコッカス・ハロフィルス
味噌に多く含まれる植物性乳酸菌です。

・ラブレ菌
京都の漬け物すぐき漬けから発見された植物性乳酸菌です。

まとめ
いかがでしたか?胃酸や胆汁など植物性乳酸菌は生きて腸まで届く事ができ、熱などにも強く様々な効果が得られます。
便秘など体質を改善してみたい方は是非植物性乳酸菌を食生活に取り入れてみてはいかがですか?
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る