乳酸菌と果物で便秘解消

乳酸菌と果物で便秘解消に良い理由とは?

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、この乳酸菌は腸内環境を良くする上でとても重要な細菌になります。
乳酸菌を摂取する事で腸内で善玉菌が増え、善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、便秘解消に繋がります。
果物にはオリゴ糖という成分が多くふくまれており、このオリゴ糖は善玉菌のエサとなってくれます。
ですから、乳酸菌の入ったヨーグルトとオリゴ糖を同時に摂取する事で善玉菌が増えやすい環境となりその結果、便秘解消に役立つのです。

又オリゴ糖には甘みがあり、ヨーグルトの酸味を和らげる効果もあります。

便秘を解消するにはバナナがおすすめ!

オリゴ糖が多く含まれる果物の代表的なものにバナナがあります。

バナナには乳酸菌のエサとなるオリゴ糖の他に、食物繊維も多く含まれている果物です。
栄養価も高く、甘みもあり、気軽に食べれるため、ヨーグルトとの相性も良いのです。
又バナナの他にもリンゴやイチゴなどの果物にもオリゴ糖が含まれていますのでオススメです。

朝果物とヨーグルトを同時に摂取すると良い3つの理由とは?

果物とヨーグルトを同時摂取すると良い時間帯に朝があります。
ではなぜ朝に果物とヨーグルトを同時摂取すると良いのか、理由を3つまとめてみました。

・消化に良い
・便秘解消効果
・お腹に溜まる

・消化に良い
朝はお肉など胃に重たい食べ物を食べてしまうと、消化に体力を使ってしまい、疲れやすくなってしまいます。
果物は消化が良い上、ビタミンや食物繊維など栄養価も高く、短時間でエネルギーに変わってくれるので、朝摂取する事が良い効果があるのです。

・便秘解消効果
果物には食物繊維やオリゴ糖など善玉菌のエサとなる栄養素が豊富に含まれています。
ヨーグルトで乳酸菌を摂取し、果物で食物繊維やオリゴ糖を補う事で善玉菌が増えてくれるので、便秘解消効果になります。

・満腹効果
朝ヨーグルトだけですと、すぐに空腹になってしまいます。
ヨーグルトと同時に果物を摂取する事で、低カロリーであっても満腹感も得られます。
なぜなら果物には食物繊維が含まれており、この食物繊維には水分を吸収すると膨らむという働きがあるため、満腹効果が得られるのです。

まとめ:乳酸菌と果物で便秘解消を目指してみよう!

いかがでしたか?ヨーグルトと果物を同時摂取する事で、ヨーグルトにはないオリゴ糖も摂取できるためヨーグルトだけで摂取するよりも、善玉菌が増える事で便秘解消に繋がる事がわかりました。

時間が無い朝などにはバナナにヨーグルトをかけて食べる朝食もオススメです。
そして便秘はトイレに行く時間が無い事で起こる事もありますので、朝はバナナヨーグルトに加え、トイレに行く余裕のある朝習慣を作る事も、便秘解消には大切な事ですので明日から実践してみませんか?
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る