動物性乳酸菌の含まれる食品

動物性乳酸菌が含まれている食品とは?

動物性乳酸菌が含まれている乳酸菌は主に乳製品が多いです。
では動物性乳酸菌が含まれている食品とはどのようなものでしょうか?
それはヨーグルトやチーズといった発酵食品に動物性乳酸菌は多く含まれています。

動物性乳酸菌の効果と特徴とは?

動物性乳酸菌とは主に牛などの乳に含まれる乳糖を元に作られる乳酸菌の事です。

動物性乳酸菌の特徴は他の細菌と共存せず、単独で生息する乳酸菌です。
そして栄養価の高い乳からなるため、胃酸や胆汁に弱く、行きて腸まで届く事ができません。
ですが、動物性乳酸菌にも大切な役割があり、胃酸や胆汁で死んでしまっても、腸内にいる善玉菌のエサとなって活躍してくれるのです。

意外なものにも含まれる動物性乳酸菌!

乳酸菌はチーズやヨーグルトなどの乳製品だけでなく、実は肉類にも含まれている事をご存知でしょうか?この肉類の発酵食品の事を「発酵食肉製品」とよばれますが、代表的な物に生ハムがあります。
最近になって良く食する機会が増えましたが、以前まではあまり日本の食卓に生ハムは深く馴染みのある物ではありませんでした。
なぜなら、日本の食習慣に発酵した肉を食べる習慣が無かった事と、更に日本の食品衛生法の基準が高かった事で発酵食食肉製品が流通しなかったからです。
ですが、1993年の食品衛生法の改正によって日本でも発酵食肉製品が作られやすくなり、それに伴い生産量も増えてきました。
乳酸菌を使い、肉を発酵熟成させる事で風味のある生ハムができるのです。

まとめ:お手軽に摂れる動物性乳酸菌で腸内改善を!

いかでしたか?普段何気に食べている食品にも沢山の動物性乳酸菌が含まれています。
ヨーグルトだけでなく、チーズや発酵バターにも含まれており、更には肉類などにも乳酸菌は活躍し、風味のある味わい豊かな生ハムができるのです。
普段の生活の中で意識して動物性乳酸菌の入った食品を摂取し、腸内改善を目指しましょう!
RELATEDおすすめの関連記事
トップに戻る