善玉菌

乳酸菌でニキビを改善

ニキビは皮膚から余分な皮脂が出て、うまく排出されず、詰まってしまうことによって起こります。
ニキビは、原因や年齢によって、いくつかの種類に分けられています。
まずは、思春期の頃にできるニキビ、そして思春期を過ぎて大人になってできる大人ニキビです。

思春期のニキビと、大人になってできるニキビは、原因も違いますので、対処法なども違ってきます。
思春期のニキビは、人間の中に含まれている成長ホルモンの分泌が思春期に急増し、皮脂の量が増えたことによってできます。
10代の前半から、20代前半ごろにできます。
主におでこや、ほほの周辺など、脂が多い部分にできます。
大人ニキビは、女性ですと、生理周期の関係で皮脂が出やすくなり、ニキビが出やすいといったことが起こります。
男性ですと、ストレスなどで副腎皮質ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が多くなり、皮脂が増え、肌にニキビや吹き出物となって表れてきます。
20代の後半ごろからでき始めます。顔だけではなく、背中など、身体にもできるのも特徴のひとつです。

腸の乳酸菌が、特に大人のニキビに大きくかかわっていることが分かってきました。
お腹の中である腸と肌では、あまり関係がないように思えますが、実は密接なつながりがあるのです。
腸というのは、身体全体から出される、不要な物質のほとんどを体外に排出している、欠かせない器官なのです。
便秘などで、腸の内部の環境が悪くなってしまい、排出がうまくいかなくなると、排出するはずの老廃物がたまって、有害性のガスとなってしまいます。
そして、そのガスは体中をめぐっている血管の血液に入り込み、皮膚から出されるのです。
皮膚から排出された老廃物が、皮脂や古くなった角質などと一緒になると、ニキビとなるため、腸内の排出の機能をアップし、環境を整えるためには、腸の中の善玉菌を増やすことが必要です。
乳酸菌が入った食べ物を食べることで、肌の調子が良くなりますので、積極的に乳酸菌を摂取するようにしましょう。

↓こちらの乳酸菌サプリ比較はわかりやすくておすすめです。